想像するよりずっとハードなゴルフ

同じパーティの人間に迷惑を掛けることは出来ないので、ゴルフは下手な人間にとって走るスポーツだと言えます。

モルダバイト - 12/30の誕生石
NAVI
想像するよりずっとハードなゴルフ

ゴルフは下手な人間は走り回るスポーツです。

OBで場外になれば良いのですが、ラフに残ると、そこまでは全力で走る必要があります。
右に左にドンドン球は思いとは別に飛んでいきます。
上手くなればフェアウエイの上だけをのんびりと歩けば良いのですが、下手な人間はコースの中を右往左往しなければホールには近づきません。同じパーティに迷惑は掛けられないので、打てば走るという事の繰り返しです。

どうしてゴルフはこれほど思い通りに行かないのか、ゴルフをしながらかなり悩むほどです。

林の中へ打ち込むとそこから出すだけでも2〜3打叩かなければ成りません。本当に嫌になります。
ところがこれだけ下手でも、時折チップインバーディーや長いパットがスコンと入ることが有ります。

このときの快感はやったことの無い人間には分からないはずです。

思わず飛び上がりたくなるほどです。

このラウンドで1回か2回のために一日掛けてコースを回ると言えるのです。

なんだ叩いても、この快感が忘れられないからゴルフというスポーツは辞められないと言えます。
もちろん、上手な人にとっては、それが当たり前だと言えるのでしょうが、下手な人間にとってはこれ程嬉しいことは無いのです。

それに、上手くなると一日やってもボールを打つ回数は少なくなります。
それだけを考えると下手な方がゴルフを楽しんでいるのでは?
と思ってしまうほどです。

同じお金を払うのなら、コースを目一杯使う方が理にかなっているような気がするからです。

もちろん何の慰みにも成りません。

関連リンク

Copyright (C)2017想像するよりずっとハードなゴルフ.All rights reserved.